むちろぐ 〜気楽にお弁当づくり〜

むちむち共働きアラサー夫婦の日常。仕事帰りに気楽にできるお弁当づくりを中心に。

ご飯の保存容器 安いし便利でおすすめ!お弁当にも!

我が家ではご飯を一度に4〜5合を炊いて、一膳ごとに、ご飯専用の容器に入れて保存しています!

 

こんなかんじです。どどん!

 

 f:id:muchimi:20170719202533j:image

 

ご飯をラップに包んで保存していた時期もありましたが、包む時も、出してレンチンするときも、手で持てないくらいに熱々!

 

また、ひと包みごとに分量が変わってしまうし、毎回ラップをベストサイズに切れなくてもやもや。ラップの消費も激しく困っていました。

 

 

  

ところがこの容器なら、すべて決まった量で保存ができますし、洗って何度も使えます!!

 

裏面は凹んだカタチになっていて、移し替えるときにごはんが出やすくなっています。

実際、するっと出てきます。 

 

この凹みがあることで、ご飯どうしが重みで押しつぶされることなく、ふんわり感が保たれている気がします。レンチンの温まりやすさもサポートしていそうです!

 

 

f:id:muchimi:20170719202851j:image

 

 

家で食べるときは、レンジでチンしてご飯茶碗に入れ替えます。

 

お弁当のときは、このまま持って行って会社でチンします。 

 

この容器にしてから、作業がシンプルになり、とても助かっています。

 

毎回、お弁当箱におかずとごはんをほどよい分量で詰めるのって、意外と難しいので、ご飯をこのまま持っていく戦法はおすすめです!

おかずの汁がご飯にしみちゃった、なんてこともないですよ!

 

 

 

ありがたいことに大盛用もあります!